読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのリンゴのマークではない。

 

デザイナーと打ち合わせをしていて、そこから学んだ事。

 

 

デザインと聞くと、相手にどう見えるか?
この一点に皆んなフォーカスしがちだが

 

 

会社の考え、ビジョン、目的が全て合わさって最終的に素晴らしいデザインができる。

 

デザインは言葉や音声で伝えるのでは無く、相手に一つの発想をさせ体験として伝えるもの。

自分のプロダクトがあれば、その魅力を最大限に引き出さなくてはいけない。

 

 

アップル社はマーケティング目標は一切気にせず、その製品を使う人だけのことを考えている。

だから、素晴らしい製品ができるし時間と労力もデザインチームにかなりかかるだろう。 


それくらい素晴らしい製品を作るのは難しい。

ただのリンゴのマークではない、それくらい努力したアップルに対して、他者はデザインを平気でコピーしてくる。

 

 

デザインが簡単ではない事、デザイナーの大変さを知っているからこそジョブズマイクロソフトGoogleに激怒し告訴していた。

 

 

最終的に大事な事は、相手を思ってデザインする。

P.S サイクリング好きな億万長者にオーダーをデザインしてるそうです。

f:id:lerman:20161223142454j:image

f:id:lerman:20161223142557j:image